査定に出す前のクリーニングは必要?

毛皮を査定に出そうと決めたけれど、毛皮の状態を見ると、なんとなく汚れているような、くたびれた感じがするという場合、迷うのはクリーニングに出すのか出さないのかという点ではないでしょうか?

 

もちろん出したほうが状態が良くなることは承知。でも、ネックはその料金ですよね。

 

専門のクリーニングに出さなければそれこそダメになってしまいますし、専門のものは料金も8,500円から10,000円くらいはしてしまいます。

 

果たしてそこまでする価値があるのか?その問題を考えてみましょう。

 

・毛皮の量

例えば、毛皮が襟元に付いているだけだったら、そこだけ自宅で丁寧にケアしたほうが良いでしょう。
そもそも毛皮製品としての買取価格は付かない可能性もあります。

 

ショールなどの小物の場合、単体ではやはりそこまでの高値は付きにくいケースも多いので、場合によってはクリーニング代で赤字になってしまったということも有り得ます。

 

毛皮のロングコートなどの場合は自分でケアするレベルではない場合も多く、モノがしっかりしたものであれば、クリーニングに出したほうがより良い査定が付く可能性が高いです。

 

まずは汚れなどが自分でケア出来る範囲かどうか、判断してからのほうが良いでしょう。

 

・製品の状態

モノが良い毛皮のコートなどはクリーニングの検討価値ありと書きましたが、これも状態によります。

 

例えばかなりひどくダメージを受けているものの場合、ミンクだからと言って張り切ってメンテナンスに出したところ、まさかの買取不可などになってしまうとかなりの痛手ですよね。

 

クリーニングは汚れを落とす行為であって、新品同様にしてくれる魔法の技術ではありません。

 

白い毛皮をクリーニングに出したら黄色くなって返って来たという場合は、クリーニング店の問題ではなく、もともとの毛皮の変色に気付かなかっただけという可能性もあるのです。

 

クリーニングに出すべきかどうかは、製品の状態、買ってからの年月、保管の方法などをトータルでチェックしてみて判断するしかないでしょう。

 

・修繕は合わない

非常に希少性の高い毛皮なら別ですが、もし色落ちしてしまったものを専門業者に修繕に出したとすると、おそらくかかるコストと買取金額とでは相殺するのが難しくなるでしょう。

 

部分的な色落ちは、程度によっては周りの毛色とボカす手法で修繕する場合も多いですが、程度が大きい場合には、全体をもっと深い色で染色し直すことになる場合が多いです。

 

非常にコストもかかりますし、これからずっと丁寧に着続けるなら良いですが、売ってしまうものに行う手段ではありませんね。