査定前にやっておきたい毛皮のお手入れ

査定前にやっておきたい毛皮のお手入れ方法についてまとめておきましょう。

 

どうしても落とせないシミなどは致し方ないとしても、どうせムダだからと諦めてしまうのはもったいのない話です。見た目が違えば査定士の受ける印象もかなり変わります。

 

本来は使っている時からしっかりケアしておくべきことなのですが、出来るだけのことはしてから査定に出すほうが良い結果になることは間違いありません。

 

・クリーニング

専門のクリーニング店に出すのが一番良い方法であることは間違いありません。

 

ただ、クリーニング代もロングコートで8,000円くらいはしますので、売れる金額からクリーニング代金を差し引いた額だけが自分の売上になることになります。

 

でも、例えばそのまま売ったら5,000円のものが、クリーニングに出すことで15,000円で売れたとしましょう。差し引きでもあなたは2,000円の得をすることになるのです。

 

ポイントは、毛皮専門のクリーニング店で、価格が少しでも安いところを探すこと。
クリーニング代金と売れる代金の計算を頭に入れておきましょう。

 

・自宅でケア

毛皮ですから、自宅の洗濯機でジャブジャブ洗ったり、たらいに入れて洗濯したりすることは出来ません。
ただ、出来ることもありますので、汚れがさほどひどくないなら自分でお手入れしてあげましょう。

 

まずホコリを落とすのは当然のことで、毛皮を手で軽く叩いてホコリを落としたり、全体をゆすって奥のゴミを落としたりすることは出来ますよね。

 

毛並みに沿ってブラッシングするのもちゃんとしたメンテナンスです。
汚れが目立つ場合は香料の入っていないシャンプーとリンスで拭き取りケアをすることも出来ます。

 

特に襟元などはメイク汚れが付きやすいのでよくチェックして下さい。

 

・臭いのケア

毛皮はとても臭いを吸着しやすい素材なので、使っている時から臭いの付くような行為は絶対に避けるべきです。毛皮のコートを着てから香水を振りかけるという行為もいけませんし、タバコや料理の煙などを浴びるのも厳禁。

 

また、しっかり保管しているつもりで防虫剤の臭いまでしっかりついてしまうのもマイナス査定ですね。
押入れの中に一緒にしまってあった化学物質の臭いをつけてしまう場合もあります。

 

染み付いたものでなければ、薄い布をかけてホコリと光線を避けた風通しの良い場所にかけておくことで消失させることも出来ます。

 

自分ではなかなか気付きにくいものですので、売る前にはしばらく干したほうが無難でしょう。