査定後にキャンセルしても大丈夫?

毛皮を査定には出したいけれど、実際に売るかどうかは金額を聞いてから考えたいという人は少なくありません。また、何社かに見てもらってから一番高いところに売りたいという人もいますよね。

 

そんな時に気になるのが、査定を受けた後に「やっぱり売らない」というキャンセルが出来るかどうか。これに関しては、概ねほとんどの買取店がOKとしています。

 

・キャンセルOK

基本的には、「査定のみでもOK!」としている買取店がほとんどです。

 

公式サイトなどで明記してあれば問題ありませんし、気になるようであれば申し込む時に「査定のみでも大丈夫か」「キャンセルした時の対応はどうなるのか」という点について問い合わせておくと安心ですね。

 

宅配買取だけでなく、出張買取でも同様に、査定にかかる料金は一切無料と明記している優良な買取店もちゃんとあります。

 

そうしたところなら製品を出してから返してもらうまで安心して頼めますね。

 

・キャンセルの流れ

心配な場合は最初の申し込み時に先方に査定だけでも大丈夫かどうか確認しましょう。
後は通常通り買取店の査定の手続きにしたがって手配するだけです。

 

宅配の場合は届いたキットに製品を入れて、書類等と一緒に送るだけです。

 

提示された金額を見て、ひとまず保留する旨を伝えて返却を希望すれば、ほとんどのところはすぐに返送してくれるはずです。出張買取の場合は、自宅に来てもらってその場で正式な買取価格を提示してもらい、検討する旨を伝えて引き取ってもらうだけです。

 

わざわざ来てもらって申し訳ないなと思いがちですが、そこは気持ちが揺るがないようにしましょう。

 

・契約後はキャンセル不可!

ここで1点絶対に勘違いをしてはいけないのが、キャンセルOKなのはあくまでも査定時点であるということです。これは毛皮に限りませんが、買い取りを希望して査定内容に同意して、売買契約を結んだ後から「やっぱり売らない」は出来ません。

 

気が変わったとか、他に売りたいところが出来たなどという人がたまにいますが、これはれっきとした違法。違約金の請求をされても、損害賠償の話をされても、文句が言えない状況です。

 

事情はどうあれ、こうなると悪いのキャンセルするほうになりますので、売ろうかどうしようか決まっていないのであれば、ひとまず検討すると言って保留にしておくべきです。

 

伝票や売買契約の内容メールなどに同意した場合は、もうその製品は自分のものではなく、他人の手に渡った他人のものだということを忘れないで下さいね。